食べる糀甘酒 530g 真空パック【冷凍】

食べる糀甘酒 530g 真空パック【冷凍】

食べる糀甘酒 530g 真空パック【冷凍】

食べる糀甘酒 530g 真空パック【冷凍】
¥1,100

11特別会員ポイント獲得

メンバーシップに登録し、購入をすると獲得できます。

*Earliest delivery date is 4/29(Mon) (may require more days depending on delivery address).

*Tax included.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fees and delivery method/s for this product are as follows.
Japan domestic shipping fees for purchases over ¥13,000 will be free.

  • Yamato Transport

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping fees vary by region.

    • Hokkaido

      ¥1,500

    • Tohoku
      Aomori, Iwate, Miyagi, Akita,
      Yamagata, Fukushima

      ¥1,100

    • Kanto
      Ibaraki, Tochigi, Gumma, Saitama,
      Chiba, Tokyo, Kanagawa, Yamanashi

      ¥1,100

    • Shinetsu
      Niigata, Nagano

      ¥1,100

    • Hokuriku
      Toyama, Ishikawa, Fukui

      ¥1,000

    • Tokai
      Gifu, Shizuoka, Aichi, Mie

      ¥1,100

    • Kinki
      Shiga, Kyoto, Osaka, Hyogo,
      Nara, Wakayama

      ¥1,100

    • Chugoku
      Tottori, Shimane, Okayama, Hiroshima, Yamaguchi

      ¥1,100

    • Shikoku
      Tokushima, Kagawa, Ehime, Kochi

      ¥1,100

    • Kyushu
      Fukuoka, Saga, Nagasaki, Kumamoto,
      Oita, Miyazaki, Kagoshima

      ¥1,100

    • Okinawa

      ¥1,500

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥13,000 will be free.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「north-hakusan.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「north-hakusan.com」so that you can receive our e-mail

トロ~ッと感のあるやさしい甘み。米から生まれる素朴ながらも感じる気品と優雅さは、白山の大自然そのもの。水、土、風にまかせた自然発酵は、「思いやり」としてスーッとあなたの芯にまで届きます。


■思いやりの気持ちを届けたい
一般的には「飲み物」として売られている甘酒を、水の量をグッと減らしてトロッ~とした「食べるタイプ」にしました。水の量が減るということは、それだけ糀が凝縮されて多いということ。
甘酒を通じて「思いやり」の気持ちを表現したいと考えた時に、「とにかく正直で良いもの」を届けたいという理由で糀がたくさん摂れる「食べるタイプ」にしました。


■使い方もいろいろ|アレンジ力◎
・スプーンでそのままパクッと
・ヨーグルトと一緒に
・お味噌汁に小さじ1杯入れる
・砂糖に代わる甘味調味料として

飲むタイプとは違い、いろんな使い方で楽しめるアレンジリッチな糀甘酒です。


■白山の自然がそのままの素朴な優雅さ
標高2,702m。富士山・立山と並んで、特に影響力を持つとされる日本三霊山の一つ、白山。人を寄せつけないほどの豪雪をもたらす厳しさもありながら、どこか優雅で気品のある白山の大自然そのものが「食べる糀甘酒」です。

白山の麓でつくられる米と糀。長い年月をかけて磨かれた清らかな伏流水。ピュアな自然素材だけでつくる分、素朴な奥行き感がそのまま「やさしい甘さ」となって口に広がります。


■思いやりから生まれた発酵食本来の姿
米こうじをつくる時には、糀蓋(こうじぶた)という専用の木製の道具でつくっています。160年以上前の江戸時代(安政)から受け継がれる道具を使い、製法もその当時のままです。

発酵を促すためにつくられた人工的な酵素や添加物などは一切いれず、ただただ自然に発酵を待つスタイルです。

時間をかけてゆっくりと発酵させ、麹菌がしっかりと米に入り込んで発酵するように、丁寧に世話をします。

単純ながら、とても労力が要る作業なので、効率的にはできず大量生産には向いていません。ただし、これが手間隙こそ思いやりの気持ちです。

夫婦2人で力を合わせて、「小さなものづくり」をする分、大量生産・大量消費向けの甘酒とは似て非なるものを作っています。

私たちの糀甘酒は、初めて召し上がる方でも「あ、どこか懐かしい感じがする」とよく言われます。これは、昔田舎のおばあちゃんが家族のために、必要な分だけつくってくれた甘酒と一緒の想いとつくり方だからです。

余計なものを入れず、本来の自然発酵の邪魔をしない。まさに「家族のためにつくる糀甘酒」と同じです。

小さくつくる糀甘酒には「酵素が活きている」というメリットを生みます。「しっかりと体と心をつくるために必要なもの」として、先人たちは意識せずとも普段の食事で自然にやっていたことを「暮らしの知恵」としてお届けします。


※豆知識
糀甘酒に含まれる酵素は100種類とも200種類とも言われています。麹菌は、2006年には「国菌」としても認められ、その麹菌によって米を糖化させた糀甘酒は日本が誇るスーパーフードの一つです。

この酵素が生きているかどうかは「常温で保存できるかどうか」で判断がつきます。高温加熱処理をしたり添加物でコントロールすれば酵素は死活します。食べる糀甘酒はそのようなことは一切していませんので、お届け方法も「要冷凍」のみとさせていただいております。


■ココロにもカラダにもいいこと
2017年の販売以来、どこの小売店にも卸さずに直接販売だけでファンを増やしてきました。3週間または6週間に1回のペースで定期的にお届けしていますが、リピーターの中で5年以上続けて頂く方は750名(2023年11月現在)を突破しました。

「シンプルに、おいしい」というのがお客様から一番頂く感想です。食べ物なので、これが一番です。

ただし、おいしいは最低ラインです。
その上で
・飽きない
・頑張らなくても良い
・だから続けられる
という評価も多く頂いております。

発酵食はヘルシーなものとして認知されていますが、続ければ続けるほど「日常」になって「頑張らなくても続けられるヘルシーな暮らし」を可能にします。

「医食同源」という言葉がある通り「食べること」が楽しみになり、ココロとカラダのバランスが整ってくると、不思議なもので「元気」になります。

私たちは、食べる糀甘酒を通じて、バランスが整った「元気な人」を増やしたいと考えています。


■簡単な使い方
①無糖ヨーグルトにかける
②そこにフルーツをのせる
この2つのSTEPだけです。

私たちも、毎日欠かさずこの組み合わせで食べています。

自然の甘さである糀甘酒は、酸味との相性が良く、「ヨーグルト+食べる糀甘酒」はW発酵としておススメです。糀甘酒の甘さはブドウ糖です。砂糖ではありませんし、砂糖は1gも入っていません。


■解凍方法
・冷蔵庫に移す 半日~
・冷水につける 10~30分

※それぞれ温度帯によって異なります
※解凍後も要冷蔵

※注意事項
保存温度が高いと発酵が進みガスも発生し、スパウトパウチが膨れたり中身が溢れる場合があります。生きた発酵食の証です。

<商品について>

20×30cmの真空パック。業務用としても使われているサイズをご家庭にも。厚さも1cm程度ので、かさばらずに冷凍保存しやすいのが特徴です。毎日が忙しいからこそ、少しでも手軽さを求めたい! でも体にいいものも摂りたい!という人に向けた生きた発酵食です。

冷凍で8ヶ月保存できますので、好きなタイミングで解凍して使えます。


■内容
530g 真空パック 冷凍


■製造地
石川県白山市
※白山市の中でも山麓エリアです。水、土、風の自然のめぐりが感じられ、白山の恩恵をダイレクトに受ける場所で作っています。


■保存方法
要冷凍 -18℃以下


■賞味期限
製造日から8ヶ月


■原材料・成分
米、米こうじ(★)

★どちらも白山麓米です。カメムシ対策として農薬を使うだけで「減農薬米です。ノース白山本社の目の前の田んぼで作られているもので作り手の顔も想いもわかるので安心して使っています。


■栄養成分表示 100gあたり ※推定値
熱量132kcal、たんぱく質1.9g、脂質4.3g、炭水化物19.3g、食塩相当量0g


<よく頂く質問・疑問>

■アルコールが入っていますか?
米を頂の力で糖化させただけのものなので、アルコールは0.00%です。

離乳食や介護食としてもお召し上がりいただくことも増えているので、お客様からの「安心できる」のお声は今まで以上に多く頂きます。


■解凍してからはどれくらい日持ちしますか?
大まかな目安ですが1週間とさせていただいております。解凍後も「要冷蔵」です。ただし、冷蔵庫内の温度帯によっても変わります。チルド帯(0~5℃)をお勧めしております。

発酵し続けている生き物なので、酸味(=乳酸菌によるもの)が強くなってきたら賞味期限の合図だと思ってください。


■市販の甘酒との違いは何ですか?
まずは原材料。酒精(人工的につくられたエチルアルコール)も入っておらず無添加です。

これに加えて、【非加熱の生タイプ】であることが違いです。これは表示されていない違いです。加熱殺菌して発酵を止めることで常温保存を可能にする甘酒が多い中、生タイプの甘酒は貴重です。生の糀甘酒は100種類とも200種類とも言われる【生きた酵素】が含まれており、より体にも良いものとして知られています。

「生きたままの発酵食をお届けする=白山からのメッセージ」だと思ってつくっています。見えない違いを感じて頂ければ幸いです。


■どのような効果がありますか?
あくまでも食品ですので、即効性を求める方には向いていません。中にはすぐに効果があったという嬉しいお声を頂きますが、「普段の、いつもの食事、日常」に取り入れて頂くことで、自然にめぐる感覚を実感してください。その先にある「結果」としての変化です。

食べる糀甘酒は「ゆっくりと穏やかに、でも確実に。」という一歩ずつをご一緒するものです。


■なぜ流通しないのですか?
流通させたくてもできないのが現状です。「食べる糀甘酒」を販売する際には冷凍が必須です。

冷蔵庫においていても、その発酵力の強さからパウチやパックが膨れてしまいます。それだけ「生きた発酵」と言えるのですが、販売するスーパーや百貨店にとってはそれでは売り物にならないという理由で避けられます。もちろん理解して頂ける売り場もありますが、つくり手との隔たりはまだまだ大きいのが現状です。

「生きた発酵食を届けたい」「正直なものを届けたい」ということは、つくり手として譲れないものでありますし、そうでなくてはいけないとも思っておりますので、流通して売りやすくするために妥協することはありません。

<ノース白山としての考え方>

~小さなものづくりのストーリー~
2014年に白山麓に移住してから、最初に白山の登山道整備の仕事をしました。登山未経験ながら、白山の最深部まで草刈り機を担ぎながら登り、木を切ったり草を刈ったりしていました。それが白山との初めての出会いで、原生自然のパワーと豊かなめぐみを体感しました。

その後、不思議なご縁が何度も続き、ひょんなことからこの地域に根づく発酵食と出会いました。白山麓で160年以上続く伝統発酵技術を受け継いだのもこの縁からです。

発酵食はこの地域の食文化の根幹とも言えるものですが、受け継いだのはそれだけではありません。「小さくつくる」という食の哲学です。

厳しさもある自然と共生する山麓の暮らしで生まれた発酵食は、商売や流通のためではなく、目の前にいる家族や大切な友人の「健康な体づくり」のためだったと言われます。

現代の大量生産の良し悪しを言っているのではなく、ノース白山の発酵食は「思いが届く小さな範囲でつくるもの」ということは是非お伝えしたいことです。

夫婦ふたりでつくるという「小さなものづくり」を、逆転の発想で捉え、小さいこ自体を「らしさ」にしてお届けしたいと思います。

生(なま)甘酒ってそうだったのか……【食べる糀甘酒】の本当の実力とは

腸活や菌活...etcといった話題ワードで必ずといっていいほど出てくる発酵食。その中でも米からできる甘酒=糀甘酒は、ヘルシー志向の方を中心にだいぶ浸透してきました。

【目次」
・ 食べる糀甘酒のココが素晴らしい!
・ 生じゃないものもあるの?
・ 味について完全レポート
・ ちょっと続けてみたい!と思ったなら

食べる糀甘酒のココが素晴らしい!

白山麓で育ったお米か糀(こうじ)にもなって、甘酒になります。自然発酵の結晶です。世の中に出回るのは白砂糖だったり人工甘味料が甘味の主流となった今、発酵の力によってできる米由来の甘さは、なんともいえないやさしさを感じます。

甘酒の原材料の中心である「糀(こうじ)」です。よ~く見ると菌糸がしっかりと付着した1粒がわかります。これって機械でつくるものでは出づらいものなんです。糀の分解力があるからこそ、尖った甘さではなく、ふんわりと奥行き感のある甘さを作ります。

手間がかかる、効率が悪すぎる...という理由で、伝統製法は減り続けていますが、私たちはそんな"時代遅れな製法"こそ、1周回って「カタチを変えて価値ある発酵」になると信じてやっています。

味について完全レポート 1日20~30gがベスト

いろいろな使い方ができます

不自然に甘いことはありません。砂糖とは違う、ふんわりとした甘さです。まろやかな風味がありながら、少しドロッとした食感はまさに食べる感覚。一度食べれば、あたかも白山の自然の中に入りこんだような感覚になります。

写真のように、普通のスプーンで掬うと、だいたい20~30gです。「山盛りの大さじ1杯」というのがひとつの目安です。この量ならカロリーも約30kcalです。一度にたくさん食べるよりも続けられる量・ペースが理想的です。

他の甘酒と決定的に違う「純生」

原材料は、白山麓の米と糀だけです。加熱処理もしていないため常温の場所に置いておくと、写真のように膨れます。活きた発酵で発生する炭酸ガスによるものです。「純生」とは発酵をそのまま活かすことで、常温保存できるよう加熱処理したり添加物まみれの甘酒とは全く違います。

商品概要

■商品名
食べる糀甘酒


■内容
530g真空パック 1個


■保存方法・賞味期限
要冷凍(-18℃以下)・製造後8か月
※解凍後は1週間を目安に使い切ってください。


■栄養成分表示 100gあたり
熱量132kcal、たんぱく質1.9g、脂質4.3g、炭水化物19.3g、食塩相当量 0g

Report

Reviews of this shop

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「north-hakusan.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「north-hakusan.com」so that you can receive our e-mail